グリーフサポート講演会&ファシリテーター養成講座

グリーフサポートSaChi主催 講演会&ファシリテーター養成講座

被災・喪失体験をした子どもと家族に寄り添い、支えるために

講師 福島県立医科大学看護部講師 佐藤利憲氏

日常は何事もなかったように暮らしていても、ふと一人になると最愛の人や故郷などを喪失した死別や離別の現実をなかなか受けれがたく、悶々と葛藤している方もおります。グリーフとは、一般に「悲嘆」と訳されます。
あなたにとって大切な誰かを喪失する出来事は、あなたに悲しみ、苦しみ、時には怒りや憤り、無力感や絶望感をもたらすかも知れませんし、そのグリーフの原因は必ずしも死別だけではありません。
2018年9月に発生した胆振東部地震による人的被害や物的被害、生まれ故郷の様々な変化に伴う喪失体験、また、DV等を原因とする失踪や離婚にともなう離別体験なども大きなグリーフをもたらします。
今回の講演会、ならびにファシリテーター養成講座を通して、被災・喪失体験をした子どもと家族への支援について一緒に考えてみませんか。

【講演会】
1/19(土)9:30〜12:00
会場:札幌市教育文化会館 研修室302
対象:どなたでも参加可
定員:70名(要申込)
参加費:一般1000円(学生500円)

【ファシリテーター養成講座)
1/19(土)13:00〜16:00
1/20(日)9:30〜16:00

*2日間の講座です。受講される方は、講演会と2日間の養成講座を受講してください。
会場:1/19 札幌市教育文化会館 研修室302
1/20 かでる2・7 920会議室
対象:喪失体験した子どもへのサポートに関心のある方 *18歳以上、高校生不可
定員:30名(要申込)
参加費:一般5000円(学生2500円)
*講演会参加費(1000円)含む
*事前振込(チラシ参照)

主催:グリーフサポートSaChi
共催:佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)
後援:札幌市

EPSON MFP image
EPSON MFP image
EPSON MFP image
EPSON MFP image

《グリーフサポートSaChiについて》
グリーフサポートSaChiは、大切な人を亡くした子どもや若者が、遊びやおしゃべりを通して様々な想い(グリーフ)を表現する場所として、2013年に開設しました。2017年からはおとなのための「おとなSaChi」も開設し、定期的に開催しています。現在、参加している子どもたちは小学生ですが、なかには4年間参加し続けている子どももいて、SaChiが子どもたちに必要とされていることを実感しています。月に一度の開催ですが、夏にはお泊まり会も開催し、子どもたちには大好評です。この度、SaChiでは子どもたちと一緒に遊んでくれる大人を募ります。この機会にぜひ、仲間になってください。